秋雨の晴れ間に散策 その 1

市内の行き付けの山野草やさんに、県内にも「 ヤマシャクヤク 」が咲いている場所がありますか?と

聞いた所、数カ所を教えてくれました。


それに基づき、その場所の特定をする為に調査に13日の晴れ間に向かいました。


とは、言っても 今の時期は、その場所はジャングル状態ですので

遠くから眺めるだけですが。。。


その場所が、戸隠高原 にもあるとの事で出掛けました。


今回は、2回程に分けて記事を載せる事にしましたのでご覧下さいね。


関連のブログは、 2006.9.25  2007.4.13  5.21  6.18  8.13 にありますので

遡って見てね!



適度の時期は、やはり春の頃でしょうかね!?

それでも、里が春でも山々は未だ冬ですので、今年の季節感覚では5月の中旬頃と

なるでしょうかね。

昨今では、こんな場所には 「 」 とご対面なんて事もあるかも。。 怖い!が




そこで、いつもの様に いつものコースから戸隠に入るつもりで向かいましたら

前回の近道の「 七曲がり 」は、工事中で通行止めとの事で

急遽、その分岐交差点を左へ(本来右へ)曲がり、県道406号線を鬼無里(きなさ)方面へ

向かい、途中から 戸隠 へ向かいました。

V型の渓谷には裾花(すそばな)川が流れており、正面に白いダムが見えますね。


この道順で向かいますと、戸隠神社の一番手前にある「 宝光社 」の手前に出ます。



折角、ここまで来たので 私が思う 戸隠の絶景地 までバードラインを遡りましたら

何と! この絶景地には 写真マニアが沢山いました。これには、驚いたね!

思い思いに、三脚を建てて陣取っていました。


丁度、この場所には 大きなソバ畑があり 今の季節を撮れるのです。


ただ、昨日までの雨でソバが倒れてしまったのが、ちょっと残念でしたが!


こんな貼り紙も


8.13にここを訪れた時は、あのソバはタネから発芽したばかりでしたが


もう、こんなに大きくなり赤いソバの実も付けている物もありました。


一つ一つは、細かいですが全体で見ると 白一色 になり、なかなかな風景です。


ここから見る「 高妻山 」は、いつの時期に見ても素晴らしいです。


これは、4.12 の撮影です。 未だ沢山の残雪が


こちらは、8.12 の撮影です。


この 高妻山 への登山に最近、凝りまして

昨年の9.24(ブログ06.9.25)に紅葉を見に初登頂後、今年の6.17(ブログ07.6.18)には山野草を見に登りましたが


麓から高度差が1370mもあり、片道5時間と大変な山ですが

昨今の100名山にも入っており、人気はありまして連休ともなれば登山道は原宿かも?


この写真の左から右への急登を約2時間掛けて登り上げるのです。


戸隠連峰の最高峰で、別名「 戸隠富士 」とも呼ばれています。


そして、この 高妻山 が一番奥に座しているので、戸隠山 を表山として裏山とも呼ばれています。( 左が表山の 戸隠山 です。)


次回は、 またまた「 一夜山 」 へ登る を載せます。