今年、初の使用済み割り箸の炭作り!

昨日の天気予報では、今日は午後から雨降り(80%)との事でしたが

早朝8時30分に 戸倉上山田温泉の前に流れている千曲川の河川敷へ向かったら

もう、煙は上がっていた。
   

車から降りて、作業服と長靴を履き替えて、いざ向かうが

今日は、千曲川河川敷内の風が強い! しかも、雨降りを予想する南風でした。

( 当地では、雲っていて 南風の場合は 雨降りの兆候なのです。 )



これが、本日のノルマです。  まあ、午後までありそうです。


そして、これが 炭作りに使用する 鉄板の箱 です。


これらは、いずれも 廃品を使用していますが、 これは、何と! その昔に農家で

飼育していた カイコ様 の箱です。  

カイコの幼虫が、この箱の中で桑を食べた様で まあ、カイコ様のベットとの事でした。


今となれば、不要な物なのですが 我々、チームメイトは、こんな物を探して来ます。

実は、この鉄板箱が 丁度 具合の良い 箱なのです。


今回も、この箱を 2個 も どこかの農家へ行き ゲットして来た様です。


それにしても、 寒い! 雲っていて この風でね!  早く 燃やそうよ!!


今日のメンバーは、3人と少ない  どうも、近所で不幸があった様だ!


メンバーが多ければ、この箱を 3ヶ使いで 回転出来るのだが。。。


この箱で、燃やす時は 交互に燃やします。 


隣の箱から、種火をもらい 着けます。


ある程度、燃やしたら ジョロで 水を 掛けて消火します。

そして、こんな風に 押し空けます。

 

そして、また 種火をもらい 火を熾します。  その繰り返しとなります。


11時頃から 南の方( 上流 上田方面 )が 何か 降っている様な天気に!!


未だ、もう少し 残っている。 私達の作業している上の空からは、

時々 陽も射していたので、継続して 炭作りをする。


気合いを入れて ガンガンと 燃やす。


まあ、あの寒さなんて どっかへ行ってしまった。 今度は 熱い!


11時半頃に、見学者が訪れた。


千曲市内や長野県内外から、時々 我々の行っている事に感心を持った方々が時々、訪れます。 

もちろん、我々は歓迎をして その作業工程 や 用途について紹介をしています。


今回は、千曲市内で 『 自然環境の調査と保全 』を請け負っている

エコシス の 田崎 さん です。

我々、みどりのサポート隊 も 色々な人達に 理解 と 賛同 を頂いて

興味や感心を持って頂くだけでも良いかなと思っています。


これが、本日 3時間半 での 成果物 です。


今日は、少し風が強くて 良く燃えてしまったのですが

なかなかの良い消し炭が出来上がりました。


いつもの様に、お昼になりましたら 会長の奥様の手作りの 昼飯 が届きました。

本日のメニューは、 里芋のうどん汁 でした。 

毎度の事であるが、 これが 旨いのである。 暖かい里芋汁なので体が温まった。

ただ、寒い南風の為 車の陰で食べるハメになったのが、イマイチでしたがね。


これらの、炭は2昼夜ほど 河川敷に放置して 水気を抜いてから 回収して

町内や市内での植樹の時に使用されます。


久々の炭焼きでしたので、箱を何度も押し上げたので 右手が痛い!
 

割り箸の炭作りに関してのブログ一覧
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20081203
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20081016
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20080604
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20080422
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20080215
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20080218

関連ブログ
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20081115
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20080609
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20080428
http://d.hatena.ne.jp/kanjuku107/20080302

 
 
じゃあ、またネ!