今日も、好天気だ! でも、暑い!

現在、今年度の 『 杏の頒布予約 』 を 承っています。


リピター様 及び 新規アドレス登録者様へ の頒布募集メールをお送り

しており

早々に、沢山の皆様より 予約が入っております。 本当に有り難うございます。

ただ、当日分の返信メールが、未だ追いついておりません。 ごめんね!


『 樹上完熟 』の杏は、ある意味 購入者様の用途で収穫をしています

ので

カスタム仕様でのご注文となりますので、 注文提示 どの様にするか 確認(内容決定)

個人、個人のメール内容が違いますので、ちょっと時間が掛かっています。

到着メールBOXに入っており、順次 時間を作り 返信をしておりますので

もう暫くお待ち下さいね。


また、

こちらから、注文内容の確認メールを差し上げますが 返信メール が ありませんと

ご予約注文 は 確定されませんので、 注意をして 必ず! 返信メールを 下さいね。



5/20(明日) ヤフーのオークションに出品( 杏の予約 )を開始します。


それから、ハーコットの価格が決定されました。( 親戚と交渉しておりました。 ) 

こちらの希望通りで 『 昨年と同じ 』 価格となりました。

ご予約を提示されている方へは、明日にメールを差し上げる予定ですので

もう暫くお待ち下さいね。




今日も、昨日と同様に 友人T君と 里山の 大林山 ( 海抜1333m )へ

花等の探索に出掛けました。


自宅から 戸倉上山田温泉を抜けて 通称、48曲がり峠へ向かう

峠の八頭(はっとう)山近くに、最近 新しいトンネルが新設された事により

大林山の登山口は、旧道沿いにあるので 新設されたトンネル手前に車を駐車して

旧道へ向かった。



本来の登山口は、33号カーブ横からであるが

32号カーブにも、地元のハイキングクラブが新設したのか 新しい登り口の看板が

ありましたが、やはり 従来の登り口へ向かいましたら

えらい、賑やかな声が。。。。  地元の上山田小学校の4年生達だった。

これから、八頭山へ 遠足登山するとの事でした。


更に、聞いて見ると、 先発隊で6年生が 大林山へ向かっているとの事でした。

やっぱり、地元の小学校では 里山登山を やっているのですね! 

非常に、いい事と思います。


そんな、小学生に後から追われる様に この登山口から登り始めました。

この道を 登って 10分程度の曲がり角に 私が気に入っている 「 マムシ草 」と呼ばれている

山野草が いっぱい 突きだしていました。 ( 毎年、この辺が楽しみなのです。 )

この山野草は、地面から突きだし始めたときの 幹にある模様が マムシに似ているので

こんな 名前が付いたと思われます。 ちょっと、暗い所で 見ると 驚きます。


こんな 植林された道を斜めに登って行きます。


ヒトリシズカの株が もう、花は散っていますがね。


所々に、まだ ミツバツツジ が 咲いていました。


松の木のちょっとした日影に チゴユリ が咲いていました。


約35分で 八頭山 と 大林山 の分岐となる コル(尾根)に着きました。


右へ行けば  八頭山  左が 大林山 となります。

ここで、小休止  それにしても、今日は蒸し暑く 汗がダラダラ状態でした。

休んでいると、小学生が登って来ました。


彼らは 右へ  私達は 左へ 向かいます。


この尾根には、トリカブト と


あの 山菜の コシアブラ若木が 沢山 あります。

シーズンに来ると コシアブラの天ぷらが大量に出来て 一杯が旨そうでしょうね。


更に尾根を 進みますと ちょっと 湿った所へ

ヤグルマ草 が 沢山 生えていましたし


あの エンレイソウ も 沢山 ありました。



12時15分に 山頂へ  やや、もやっていますが 正面に 冠着(かむりき)山が

手前に 八頭山 が 見えました。


また、昨日 行った 聖(ひじり)山 が 後は、北アルプスです。


頂上には、先発の 上山田小学校 6年生 が占領していました。


例によって、 ここで 昼飯 となる。


ここは、景色が良くて 南には 蓼科山八ヶ岳

北には、戸隠連峰 や 飯縄山火打山妙高山 が見えるのですが

今日は、もやっていて、かすかにしか 見えませんでした。



我が、ホームグランドの 八王子山 も 見えます。 八王子山からも見えるので当然かな!


我々が、昼食している間に 小学生達は 下って行きました。


そして、我々も 13時過ぎに 下る事にしました。

途中で、来た道を戻らないで 前回も通った ちょっと変わった昔の道へ行きました。

足の踏み場が無いくらいに カタクリの群落を通過して


またまた、ちょっと湿った場所へ  やっぱり、ここには 白花のミヤマエンレイソウが咲いていました。


なかなか、里山には珍しい 雑木林 で 面白い感覚になります。


こんな場所なので、当然に珍しい花も咲いており 撮影に釘付けになります。


道と言うか、だいぶ荒れている道を下って行きましたら またまた、道がなくなってしまい


いつもの様に、ヒノキの植林された林を 目見当で下りました。


それでも、バッチリと 車の駐車した場所に近い 32号曲がり角へ無事に着きました。


それにしても、下界は暑かった!!


明日は、足腰が疲れたので 休憩日にして メールの返信 や オークション出品に

頑張るつもりですが どうなるかな?!





では、またネ!