千曲市セツブンソウ群生地情報 2017  パート 9

千曲市内の群生地へハシゴするつもりで出掛けたが!


昨日は、冷たい雨が降った。

でも、庭の山野草や雑草にしてみれば、最高のお湿りと思われる。

これから、雑草との戦いが始まる。



朝、冠着山(かむりきやま)の頭を見たら なんと、真っ白だった。

海抜1.252m程度の里山は 冬の様です。

里は、春近しなのに!



午後、時間が取れたので

少し、遠い 倉科地区のセツブンソウ群生地 経由で

戸倉地区の群生地へ行って見る事にした。

( 例の近い道を通って 群生地をハシゴするつもりで。。。 )



昼間の国道って 結構、混むので

しなの鉄道沿いの 昔の道 「 北国街道 」を通って



そして 屋代駅前の交差点を突っ切って進むと 


神社のある交差点に


( ここを 左に行くと R18の粟佐(あわさ)の信号へ )


ここを 右に曲がると また信号が ( ダブル三叉路 )


ここを更に真っ直ぐ進むと しなの鉄道の踏切が これを渡る


つまり、標識の あんずの里 森 を目指します。


そして、上信越自動車道の下を潜って 更に 進むと


大きな 三叉路が ここを右に(本線)行くと あんずの里へ行くが


ここを 左へ( 真っ直ぐ気味に ) 暫く行くと 富士見橋と言う信号が

ここを 突っ切り 真っ直ぐ 山に向かって走ると 村落が

ここが、倉科(くらしな)地籍です。


更に 真っ直ぐ進むと また、三叉路が

ここを 右に行きます。 

里山の脇を通るって感じで


小さな橋の手前に こんな看板が あった。

「 満開 」だって! 気が走る!!


里山へ 緩やかに 登って行くと また、三叉路が


右は、 景勝地の 三滝へ  左は、樽滝へ


ここを 左に ( 直進状態に )進みますと 3周り程度カーブが


そして、群生地に 着きます。  右側の山斜路です。



所が、群生地の手前 15m程の所で

車の後で パン、だか? バンだか?  変な音がした。

そして、車体も 多少、ガタガタと。。。



早々に、群生地近くに 路上駐車して 車から降りて

車を 一回りしたら



何と! 


右うしろのタイヤが パンクしていた!!


おい、オイって感じである!! 



まぁ、セツブンソウを見てから タイヤ交換をする事にした。


こんな所を登って行きます。


この手すりの脇に チラホラと咲いていました。


結構、上の方まで 登れます。



上段では 真っ白とまでは いかないが 満開でした。



見応えが ありましたね。 

全体的に、戸倉地籍に比べると 密度は少ない様です。



日射しを 追っかけている様に 見えました。




早々に 車へ 戻る事にした。

さて、どうしたもんだい!な〜


この車に替えてからして 初めてのパンク!!

初めて と言う事は 

どこに スペアータイヤかあるのか?  工具は どこにあるのか?  
 
探しました!  あるのを確認した。( 合って良かったです。)



最近の車は、スペアータイヤが付属されていない車がある。

実は、私の 別車は スペアーがない。

もう、10年近くになるが パンクした事がないが。。。。

もし、パンクしたら どうしようか!

JAFでも呼ぶかな


次に、この坂道で 交換するには、

車が下がって行かない様にしなければ ならない。

大きな 石を探したが ない。

群生地の入口に 杭用の丸太が あったので 借りる事にした。

3点のタイヤに 丸太を交う  そして、ギアをローに

そう、この軽バン 4WDのマニュアルなのです。


スペアータイヤを車体から外すのに 時間が掛かった。

次に、パンクしたタイヤを外したいが ジャッキを上げるに力がいる


まぁ、ここは 戸倉地籍の群生地よりギャラリーが少ないので

道路で こんな事をしていても 笑われない


なんとか、頑張って 20分程で 完了した。

でも、結構な 時間ロスをしてしまった。


今日は、孫を保育園へ向かうに行かなければならない!

だから、残念ですが 戸倉地籍の群生地へ寄って行けない。


やむなく、自宅へ 戻る。


明日にでも 戸倉地籍の群生地へ行って来ますので

もう、1日 様子を 待っていて下さいね。



さて、本家、本元の 八王子山のかたくりまつり 



アト、10日になった。


肝心の カタクリは どんな感じか 群生地へ行って見た。

連休前に行った時は、芽吹きは見えたものの


花芽は 見えませんでしたが 

ご覧の様に 花芽が 見えて来ていました。



この分ですと 咲き始めるのは 今週末頃かな?!


何とか、4月2日まで 保ってくれ タノムから!



我が家に こんなツツジがある 一番先に咲く ツツジである。

果たして、何の種類なのか? 忘れた!

暖かい地方の物なのか?  寒い地方の物なのか?




じゃあ、またネ!




ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

きれいな写真や、もっと大きくし 詳しく見たい時には
その写真にカーソルを置き 左クリックして下さい。
そうしますと、写真と撮った時のデーターが出ます。
その下に、オリジナルサイズと言う表示を
左クリックしますと 原版の写真が見られます。
更に、画面に + − の表示がありますので
これを左クリックしますと 大きくなったり、元に戻ったりします。
試して見て下さいね。


コメント等がありましたら、下の 「コメントを書く」をクリックして
投稿欄に御記入願います。
もちろん、お名前は匿名ですよ!

尚、過去に 嫌がらせ等の書き込みがありましたので
承認をしてから載せておりますので、多少のお時間が掛かる事も
ありますのでご了承をお願いします。 

また、メールに寄るお便りはブログの左上
プロヒィールで あんずの写真を クリックされますと
枝成り完熟宛のアドレスがありますのでお便り等を下さいね。