2020  秋雨前線の晴れ間に

先の森林浴と野天風呂に続いて また、出掛けました。

今度は、方向的には同じ でも、少し松本よりの大町周辺へ

 

 いつもの様に 長野市街地からオリンピック道路を使い白馬方面へ

途中 中条の道の駅に寄った。 (トイレタイムに)

 

やっぱり、今の時期は ブドウでしょう。沢山 売られています。 

f:id:kanjuku107:20200918194244j:plain

紺色の 巨峰  薄緑色の シャインマスカット

f:id:kanjuku107:20200918194353j:plain

シャイン 1箱 ¥14.000円  眺めていました。

 

f:id:kanjuku107:20200918194439j:plain

巨峰 1房 ¥580円  安いと思ったら タネありでした。

f:id:kanjuku107:20200918194508j:plain


 

 

そして、車に飛び乗り 白馬方面へ

その途中、美麻(みあさ)の青具の信号を 左へ (県道31号)

 

少し、勾配の有る坂道を昇り、下りし始めると

小さな盆地の様な 部落がある。

 

実は、ここは 旧美麻村(現大町市)の 新行地区 となり

昔からの 有名な 蕎麦の産地でして

 

家々の周りにある田んぼには、お米と一緒に 蕎麦が植えられています。

f:id:kanjuku107:20200918194653j:plain

f:id:kanjuku107:20200918194715j:plain

こんな感じに(奥一面、蕎麦畑) 

 

丁度、秋蕎麦の花が 満開でした。

f:id:kanjuku107:20200918194802j:plain

f:id:kanjuku107:20200918194821j:plain



来月の末頃には、新そばとなるでしょうね。

f:id:kanjuku107:20200918194853j:plain


 

この村落の中に 有名な 手打ち蕎麦や 山品(やましな) があります。

 早々に、立ち寄った。

f:id:kanjuku107:20200918195015j:plain
 

民家を増築して 民家のお部屋で お蕎麦を頂きます。

f:id:kanjuku107:20200918195117j:plain

f:id:kanjuku107:20200918195135j:plain



 駐車場も広いし ( 何故か、他県車が多い )

 

f:id:kanjuku107:20200918195201j:plain

 

その前の畑にも 蕎麦が植わっています。

f:id:kanjuku107:20200918195232j:plain


 

これが メニュー

f:id:kanjuku107:20200918195257j:plain

f:id:kanjuku107:20200918195312j:plain



 もちろん、大盛りを頼んだ!


 これが その 蕎麦です。 少し、細めで コシがあり

 

f:id:kanjuku107:20200918195340j:plain

f:id:kanjuku107:20200918195413j:plain


 私の 好みの 蕎麦でした。

f:id:kanjuku107:20200918195438j:plain

 

 お腹が空いていたので、食べ始めて5分で ここまで減った。

f:id:kanjuku107:20200918195534j:plain

結構な 盛りでした。
もちろん、美味しかったです。 

 

白馬方面へ 来た折には お立ち寄り下さいね。( 話の種に! )

 

 

 お腹が、一杯になったので 次は、温泉へ 

 

 

その途中 中山高原へ 立ち寄った。

f:id:kanjuku107:20200918195820j:plain

f:id:kanjuku107:20200918195730j:plain


 そう、ここは NHK朝ドラ おひさま のロケ地で有名となる。

f:id:kanjuku107:20200918195802j:plain


 

草原と言うか 丘一面に 蕎麦が 植わっていました。

f:id:kanjuku107:20200918200122j:plain


 車から降りて数分で、散歩やハイキングには最高ですよ!!

 

 

 この辺り(大町周辺)には、大町温泉郷もあります。

でも、日帰りなので 高瀬川を昇り詰めて

 大町ダムを過ぎて 更に 高瀬渓谷へ

 ここに 有名な 葛(クズ)温泉があります。

 

そして、ロックフィルダムの七倉ダムを横目に見て 更に上へ走り

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%80%89%E3%83%80%E3%83%A0

 

七倉トンネルを抜けて、終点の 七倉温泉へ

 

実は、

ここ北アルプス(舟窪岳、烏帽子、野口五郎岳、鷲羽岳など)の

登山口です。

 なので、登山客用の大きな駐車場があります。

 

f:id:kanjuku107:20200918200447j:plain

 

この先、山の神トンネルから先へは自家用車は行けません。

f:id:kanjuku107:20200918200555j:plain

歩くか、タクシーのみ です。 ちなみに、料金は¥2.300円とか(1台)

 

タクシーは、この上にある 高瀬ダムの頭で行きます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%80%AC%E3%83%80%E3%83%A0

 

歩けば、1時間ほどかな?

ここから、高瀬川を歩いて4時間程で秘境の湯俣温泉へも

 

私は、その昔 高瀬ダムを建設中の頃に 2人で1泊2日の山行を

まぁ、歩きましたね。 

 

湯俣川の上流で 死ぬような ハメに遭遇した事を思い出します。

あの時の 山道は、その後 廃道となってしまった。

 

この駐車場の前に 七倉山荘と言う 温泉があります。

f:id:kanjuku107:20200918200715j:plain

f:id:kanjuku107:20200918200738j:plain


近代的で 綺麗な温泉宿です。 もちろん、泊まれます。

 

日帰り温泉は 料金1人¥650円でした。¥150円が入湯税と思われる。

 

丁度、14時頃でしたので 私一人の風呂になる。 

こんな 感じ  手前に内風呂 それに、外風呂

f:id:kanjuku107:20200918200847j:plain


 たぶん、女風呂も 同じと思う!

 

これが 内風呂です。 

f:id:kanjuku107:20200918200951j:plain

これが 外風呂

f:id:kanjuku107:20200918200914j:plain


 外風呂から デッキに出ると 真下に 高瀬川が見えます。 

f:id:kanjuku107:20200918201054j:plain

 

それにしても 気持ち いい~ね!!

f:id:kanjuku107:20200918201121j:plain


 紅葉の頃に 来ると 最高でしょうね!

f:id:kanjuku107:20200918201159j:plain


 その温泉分析表 

f:id:kanjuku107:20200918201230j:plain

f:id:kanjuku107:20200918201302j:plain

 

いい、温泉でした。 また、来たい温泉ですね。


 

風呂上がりに デッキもあり 食事に、お茶 出来ます。

f:id:kanjuku107:20200918201438j:plain


 

ゆっくりと休んで戻り始める。

 

この道路沿いには 自然な猿たちが

f:id:kanjuku107:20200918201509j:plain


また、狸も 歩いて いました。

 

 

 

そして、通常なら 来た道を戻るが 

 それでは、面白くないので 美麻の四差路を 旧大岡村の左右へ

 ここも、蕎麦の産地です。

 

そして、川口で国道19号へ 信州新町経由で長野方面へ

 途中、信州新町の道の駅へ寄って 帰りました。

 

さて、次回は どこへ 行くのかな?

 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。

 

2020 残暑が終わったら

まぁ、今年の暑さはキツかった。 連日、30℃越えで

どこかへ 行く元気もなかった。

 

そして、流石に2階(寝室)では 眠れなかった。

 

そんな時は、当家では 1階の居間(床)に 布団を敷いて疎開します。

この部屋には、エアコンがあるので 寝る前に冷やして

寝る頃に 止めて 寝ます。 

 

そう あのファンの音が気になって寝られないので!

 

9月の声を聞いた頃から 朝晩と涼しい風も吹き始め

要約、2階へ 戻りつつ ありますが

 

 

先週、久々に 奥信濃(白馬より糸魚川寄り)小谷村にある

小谷温泉と雨飾山(あまかざり)登山口、鎌池へ 足を延ばした。

 

当家から 約1時間+で 結構な道のりです。

 

長野市からオリンピック道路で 一路、白馬町へ

そこから、国道148号線(通称:糸魚川街道)に入り

白馬町内を通過して、少し長いトンネル(中土トンネル)を抜けると

次のトンネルと間に信号が これを 右に折れて 5㎞程 山へ行くと

 

小谷温泉があります。 こんな山の中なのに 熱い いいお湯が沸いています。

 

一旦、ここを 通り過ぎて 林道を進み 雨飾高原へ

 

その入口から 見た 雨飾山

f:id:kanjuku107:20200912095217j:plain

f:id:kanjuku107:20200912095245j:plain



そう、ここは百名山の一つ 名峰 雨飾山の登山口が あります。

 

出掛けた日は、普通日でお昼頃でしたが 大きな駐車場は、半分程も車が

ほとんど、県外車で埋まってましたね。 

f:id:kanjuku107:20200912095400j:plain

f:id:kanjuku107:20200912095657j:plain



 まぁ、今年の秋に登る予定はなかったが 久々だったので寄って見た。

 

 

この写真の右にある小屋には、仮眠用の部屋もありました。

f:id:kanjuku107:20200912095433j:plain

その隣は、トイレで水洗でした。

 

この道を下って 大海川沿いに行くと 左の斜面に取り付きますと

f:id:kanjuku107:20200912095452j:plain

3時間+で 雨飾山へ 登られます。

 

この登山道を 少し、散策して見たら

こんな不思議な 花が咲いていた。 後で、調べたが 名前は不明!

f:id:kanjuku107:20200912100757j:plain

 

そして、天然のサルナシを見つけた。 まだ、熟してはいなかったが。。

f:id:kanjuku107:20200912100913j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200912095507j:plain


 そして、林道へ戻り 更に少し進み 景勝地の 鎌池 に行きました。

そう、ここは これからの季節  と 紅葉 の 観光地です。

 

 

ここにも、専用の舗装した駐車場があります。

ただ、今日は3台だけでしたが 紅葉の頃は、満車になり林道脇にも

 

車から降りて 数分で 鎌池へ 行かれます。

f:id:kanjuku107:20200912095814j:plain

この鎌池は 草刈り鎌の様な形をしています。

 

周りには、ブナと雑木があり 一周するのに 約30分程です。

f:id:kanjuku107:20200912095943j:plain

f:id:kanjuku107:20200912100014j:plain

 

森林浴には、最高だね!

f:id:kanjuku107:20200912100113j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200912100140j:plain



もちろん、一周しました。

 

丁度、風もなくて 水面に 林や山々が映って 良かったです。

f:id:kanjuku107:20200912100223j:plain


 

紅葉時は、こんな感じとなります。 ( 2011.11 )

f:id:kanjuku107:20200912100418j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200912100456j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200912100523j:plain




そして、元来た道を戻り 小谷温泉手前にある 無料の野天風呂

f:id:kanjuku107:20200912101004j:plain

この近くに 5台ほど止められる駐車場あり

 

 

この野天風呂 林の中に あり 風情が 最高です。

男風呂の上部に 女風呂があります。

f:id:kanjuku107:20200912101216j:plain

f:id:kanjuku107:20200912101234j:plain

f:id:kanjuku107:20200912101331j:plain

f:id:kanjuku107:20200912101407j:plain

この足 私の おみ足 です。


 

着替える所は、戸のない 小屋で 着た物を棚に置くって感じ

直ぐ後に 露天風呂があります。

 

水で 薄めないと とても源泉は アッチっちです。

f:id:kanjuku107:20200912101507j:plain
 

丁度、私を含めて 3人でした。

 

その内、1人と話すことが出来て 聞いたら、7時に雨飾山へ登山開始して

先程、下り 温泉へ と 言っていました。

 

山頂へ登頂したら ガスって居て 北アルプスは望めなかった

でも、時より 霧が晴れて 日本海が 見えた とか!

  

そう、この温泉は 登山客が 多いです。

近くに、日帰り温泉もあります。

 

 鎌池の出発が 12時半  野天風呂の出発が 14時 

つまり、空腹での風呂なので 上がったら もう、グウグウ状態で

 

 

いつも、ここへ来たら 寄る蕎麦屋へ行ったら

f:id:kanjuku107:20200912101625j:plain

なんと、この日は 定休日!!  オイ、マズイ さて、どこへ行けば?

 

しょうが無いので 白馬まで戻るハメになった。

 

色々と探したが この時間なると 時間外が多い それに、普通日だし

結局、初めての 蕎麦屋に 入った。

大盛り手打ち蕎麦 ¥1050円  

f:id:kanjuku107:20200912101706j:plain

f:id:kanjuku107:20200912101723j:plain

まぁ、まぁの味だが 麺が堅かった。 年寄りには不向きかも?!



そして、オリンピック道路で 舞い戻って来ました。

 

 

また、紅葉の頃に 行きたい。

 

 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。

 

2020  やっぱり!

先週、当地の地方紙(信濃毎日新聞)に こんな記事が載りました。

f:id:kanjuku107:20200831113407j:plain


 

今年の杏は、3月期の天候不順 29日の豪雪で 凶作となり

f:id:kanjuku107:20200831113722j:plain

杏の生産農家に、千曲市として持続化給付金を支給する! と

f:id:kanjuku107:20200831113521j:plain


 

今年の杏収穫は、近年にない不作で 営農意欲を支える為とか!

そんな杏農家(約200戸)対象に

 

ご存じの様に、ここ千曲市の杏は、全国でも有数の収穫量があり

市として重要な産業となっております。

 

 

もちろん、私の様に 趣味の延長で杏を栽培している者は、対象外です。

 

 

それにしても 今年の杏収穫量は 近年にない 激収穫量ですね!

 

例年だと 260~350トン とか 

昨年も 少なくて 212~トン

 

なんと、今年は 75トン と推定されている。(超凶作

 

 

当家の収穫量は、7/9のブログにも書きました様に

http://kanjuku107.hatenablog.com/entry/2020/07/09/210039

昨年の40%(4割)でした。

 

 

杏は、種類によって 花が咲く期間が違います。

それに、同じ杏であっても 日向や日陰 また、生育状況によって

数日以上の開花日が違います。

 

この違いによって、開花、受粉、小実形成の過程が左右されます。

 

 

 

今年の杏状況を 写真で振り返りました。

 

3月初旬  

この頃になると 杏の花芽が膨らみ始める。 

f:id:kanjuku107:20200831113904j:plain

f:id:kanjuku107:20200831113920j:plain


 

3月10日頃  

花芽が膨らみ、白い花びらが見え始める。

f:id:kanjuku107:20200831113940j:plain


 

 

3月20日頃  

日射しのある花芽は、開花を始める。 

f:id:kanjuku107:20200831114007j:plain

 

3月28日頃  

杏は 満開となるが

f:id:kanjuku107:20200831114033j:plain


 

 

3月29日   

しかし、その初積雪が大雪になる。 雪帽子を被った花芽 

f:id:kanjuku107:20200831114137j:plain

 

3月30日   

雪が溶けて 何もなかった様な花 しかし

f:id:kanjuku107:20200831114157j:plain


 

すでに満開だったので 雪の重みで花びらが散ってしまった。

f:id:kanjuku107:20200831114229j:plain


 

 

4月11日  

この頃になると 降雪後の寒気等で花殻が弱々しい

f:id:kanjuku107:20200831114251j:plain


 

 

4月19日   

この頃になると 新芽が伸び始める f:id:kanjuku107:20200831114318j:plain

 

この枝 全滅状態! 

f:id:kanjuku107:20200831114347j:plain


 

 

4月24日    

辛うじて、受粉は成功したが 果たして大きくなれるか?

f:id:kanjuku107:20200831114413j:plain


 

1粒だけ 葉の陰で 助かった様です。

f:id:kanjuku107:20200831114457j:plain

 

4月27日    

多少の生育違いはあるが 数粒は 良さそうだが

f:id:kanjuku107:20200831114532j:plain


 

 

5月3日     

葉の陰で 助かり 大きくなった杏

f:id:kanjuku107:20200831114558j:plain


 

 

5月7日     

この杏は、開花日が遅かったので 受粉が成功した。 

f:id:kanjuku107:20200831114626j:plain

 

 

5月23日    

この杏も 助かった様です。

f:id:kanjuku107:20200831114704j:plain


 

 

そして、6月の声を聞く頃になると 早生種の平和が色づいた。

 

f:id:kanjuku107:20200831114728j:plain

 

6月の2週目頃に 初収穫となる (平和種)

そして、初出荷に

f:id:kanjuku107:20200831114752j:plain


 

 6月20日頃になると 本格的に収穫、発送が始まりました。 

f:id:kanjuku107:20200831114922j:plain

 

当家では、早生種の平和 そして、晩生種の新月があり

今年最後の収穫は、7月5日で終了となりました。

 

そして、この後から 長い、長い 梅雨に突入となりました。

ある意味、順調な収穫期間でした。 量は、少なかったけど!!

 

 

まぁ、それにしても 長い梅雨が終わった途端に暑い日々が続きました。

そして、今年は オマケに コロナ騒ぎとなり 大変です。

 

 

旧盆が終わると 若干、涼しくなるのですが

今年は、残暑がきつい!! 

当地では、極端に雨が少なくて困っています。

 

夕方になると 地下水と上下水道を使っての水くれが始まります。

 

 

この残暑を 杏パワーで 乗り切って下さいね。

手作り ジャムやシロップ漬けで!!

 

では、また

 

 

 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。

2020 あんず戦争の余韻 2 改訂1

大夫、長い間 ブログをサボってしまった。

 

特に、病気とかで なくて 今年の収穫を期待していた杏が 

あまりにも 少なかったので 気合いが途切れてしまい。。。。

 

その後、近年にない長い梅雨に突入して 

例のコロナ騒ぎが始まり 外へも出られないし じっと我慢を

 

そして、今週の頭頃から 長~い、梅雨も終わった! 

途端に 暑さと湿気がやって来た。

 

暑さと湿気って、やはり 動く気力が薄れますね!

 

ここへ来て ようやく 夕立や夜立があり 涼しく感じるが

それでも 扇風機やエアコンに 頼ってしまう 毎日です。

 

 

こんな時に 最高の食べ物と言うかフルーツ加工品は

なんと言っても あの「杏シロップ」ですよね!!

 

f:id:kanjuku107:20200806101431j:plain

f:id:kanjuku107:20200806101521j:plain

 

冷え冷えに 冷やして ガラス皿に数きれ盛って、少々のシロップを

 

f:id:kanjuku107:20200807080730j:plain

 

そして、キラめツケに 炭酸で割ったシロップ!

 

これを 午後の暑い時間に食べられる 贅沢! 最高ですよね!!

 

 

今年も 受注登録された シロップ用の杏を頒布された方は 12名居ます。

そして、出荷量は 約70㎏でした。

北は、北海道旭川 南は、広島県福山へ 発送されました。

 

 

それに、ジャム用杏を 送った方々も 届いた杏を選別して 

シロップ加工をしたと 思われます。

f:id:kanjuku107:20200806102016j:plain

f:id:kanjuku107:20200806102050j:plain

f:id:kanjuku107:20200806102142j:plain
  

たぶん、そんな方々が 今頃(丁度、仕込み期間が過ぎた)頂いているでしょう!

また、仕込み期間が 待てずに 6月に 瓶を開封した方も居ると思います。

 

この所、 そんな方々から 「美味しいよ!」と お礼のメールが

届き始めています。 これを読んだシロップ加工をした方

ご一報を 下さいね。

 

 

今年は、杏が不作で 受注を承ったが 

「ない、かも?」なんて言われていたので

昨年に作った 最後の残りシロップを 開けようか!開けまいか? 

迷っていた方も 多かったと 聞いています。

 

そして、発送が決まった 情報を得てから 

去年に作った最後の熟成されたシロップ漬けの瓶を開けたと 

そして、美味しく頂いて 今年も頑張ろうと思いました。と 

 

 

 

 

所で、梅雨明けの今頃 当家から車で30分程の長野市川中島

そう、いま 桃の収穫が真っ盛りです。

 

今年は、春の嵐に、長雨、日照不足等もあり 桃も イマイチとか

去年に比べて 甘みが少ない様ですが。。。

 

 

先日(3日)に 川中島にある桃の選果場隣にある直売所へ

JAグリーン長野

https://www.ja-grn.iijan.or.jp/map/agrisquare/post-11.php

 

今年、始めて 行って見た。(カメラを持って行かなかった!)

 

ここは、桃の選果場でハネられた 2級品を販売しているが

素人が見ても 中々、判らない!

 

9時から開店 駐車場も 道路の反対側に2面新設してあった。

入口で、非接触型体温計とアルコール消毒、もちろんマスクして

直売所の中へ入ったら いつもの小箱に 桃が 一杯、並んでいた。

 

全ての桃は、この箱に入っています。 内径31㎝X24㎝ 

f:id:kanjuku107:20200806102633j:plain

約3㎏仕様と思われる。 この為、小さいと個数は多く、大きいと少ない。

1箱¥600円~¥1000円 中心¥800円でした。

 

ちなみに、私が 買って来た 

f:id:kanjuku107:20200806102657j:plain

 

f:id:kanjuku107:20200806102821j:plain

桃を 計ってみたら 約30gだった。

11個ほど入っていた。

 

去年だったか この桃を 転送した事があった。

しかし、桃は キズがつきやすく、輸送も大変だ なので

送る場合は、1個の桃を発泡網袋に これを入っていた箱に入れるので

当然に、全部は入らない。 1個~2個は遅れなくなる。

 

また、クール便対応となる。

ちなみに、

関東ですと 本体¥800円+発泡網10個で¥200円)+送料¥1.210円

合計で¥2.210円   これを10個で割ると 1個¥221円になる。

店頭で 買った方が 安いかもね?!

2箱なら ¥1600円+400円+¥1210円/20個=160円

 

やはり、直売所で 直に 買った方が安いかもね!

 

まぁ、地元の特権でしょうかね! 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。