「 結婚40周年台湾記念旅行 」5日目

毎日、暑くてブログの編集が。。。 

サボりにサボって やっとこ

 

 

7/31(水)編
日月潭のホテル → 阿里山 → 嘉義 → ナイスプリンスホテル


日月潭の高級ホテルでの朝食バイキングを

f:id:kanjuku107:20190815162145j:plain

流石に、おかずの品数も多いが やっぱり、パン食に

f:id:kanjuku107:20190815162225j:plain

サラダも美味かったし

パンの種類も多く、より取り見取りでしたね。

f:id:kanjuku107:20190815162357j:plain

きらめつけは、この絞ったジュース 紫ドラゴンフルーツ

f:id:kanjuku107:20190815162305j:plain

また、フルーツも旨かった。

f:id:kanjuku107:20190815162328j:plain



食事後、部屋へ行く廊下から見た日月潭 朝靄が

f:id:kanjuku107:20190815162457j:plain



8時40分 あのワゴン車に運転者とガイドと私たちの
4人での観光行動が始まった。

 

今日の目的地は、台湾の雄大な山景色が魅せられる
阿里山(ありさん)へ行きます。

阿里山と言えば、戦前 富士山より高い新高山(にいたかやま))
現、玉山(ぎょくざん)と並んで、日本で最も知られた名前で
ヒノキの産地として名を馳せた。日本国内の神社仏閣には
台湾のここで伐採された木材を多く用いられていた。

 

阿里山とは、独立した山峰でなく、玉山主峰から西に連なる
山々を指していて、この山並みは2.000m級と高い

 

一般に阿里山へは、嘉義(かぎ)市から阿里山鉄道(森林鉄道)で
72.5km約3時間で、海抜2.244mまで踏破する山岳鉄道で
しかし、2008年の台風災害でズタズタに被害を受けて、
一部を除き、全線開通されていない ので、嘉義駅からバスで
高鉄嘉義駅から観光バスで 又は、ツアーで行くしかない秘境です。

 

私たち、一行は ガイドさんが 

今日は、天気が良いので一般道でない
南投県の水里(日月潭の南側)から新中横公路(21号線)で
山岳道路を使って、台湾で一番高い山(玉山)の登山口の横を
通って、裏から阿里山へ行く事になった。

もちろん、私は こんな道があるのか知らなかった。

以前、このツアーに参加したが、こんな道ではなかった。

kanjuku107.hatenablog.com

やはり、小型車の特権かもね!

 

その途中で トイレタイムに寄ったドライブインの様な所で

f:id:kanjuku107:20190815163306j:plain

見たぶとう と バナナ (朝飯で一杯食べたので、食べたいが!。。)

f:id:kanjuku107:20190815163352j:plain

f:id:kanjuku107:20190815163450j:plain



この道路で 景色がいい所が 多々、あったが
途中で止められないので 車から撮るしかないので上手く景色が撮れない。

f:id:kanjuku107:20190815163713j:plain

こんな山間を通ります。 直ぐ近くの山 直に崖があり 高度がありました。

f:id:kanjuku107:20190815163623j:plain

途中に、コンクリで作ったシェードが幾つもありました。

f:id:kanjuku107:20190815163743j:plain

 

30分くらい走って こんなに高くまで登って来た。

f:id:kanjuku107:20190815163836j:plain

 

結構、高い所の水平道路へ来たら 2.500m以上もある山々が見えた。

f:id:kanjuku107:20190815163919j:plain

私の腕に着けていた 登山に行く時に使う高度計で見ると2.390mも

f:id:kanjuku107:20190815164032j:plain

この図で見て 右下から21号線を昇って現在地まで来ました。

f:id:kanjuku107:20190815164102j:plain

f:id:kanjuku107:20190815164216j:plain

この現在地で トイレタイム出来ます。

結構、広い駐車場がありました。

f:id:kanjuku107:20190815164248j:plain



ここから、約20分走り(下って)阿里山国家森林遊楽区の駐車場に

f:id:kanjuku107:20190815164331j:plain

f:id:kanjuku107:20190815164401j:plain

入口にゲートがあり、入園料を払います。美化、清潔維持費として 

 

これが、阿里山鉄道です。 今は、この敷地内での観光電車です。

f:id:kanjuku107:20190815164501j:plain

こんな感じに 遊歩道近くを走ります。

f:id:kanjuku107:20190815164540j:plain

 

そして、これから神木駅まで 森林浴をしながら 天然ヒノキ等の

森を 散策します。

f:id:kanjuku107:20190815164805j:plain

f:id:kanjuku107:20190815164847j:plain

f:id:kanjuku107:20190815164925j:plain

 

そして、駅に着いた頃 すぅ~と 霧が立ちこめて来ました。2014年の時にも霧が!

f:id:kanjuku107:20190815165102j:plain

気温は、19℃ と 良い感じに

f:id:kanjuku107:20190815165139j:plain

 

ホーム近くで 待っていたら 観光列車が入線して来ました。

f:id:kanjuku107:20190815165253j:plain

阿里山駅から この神木駅まで 乗ってきた人たちが降りて

f:id:kanjuku107:20190815165341j:plain

今度は、私たちが 阿里山駅まで乗ります。


阿里山駅に着いたら 更に 霧が深くなって来た。

f:id:kanjuku107:20190815165441j:plain

f:id:kanjuku107:20190815165517j:plain

f:id:kanjuku107:20190815165554j:plain



こんな感じに 流石に山岳ですね。

f:id:kanjuku107:20190815165643j:plain

阿里山駅で 17℃に

f:id:kanjuku107:20190815165725j:plain


そして、15時半頃にワゴン車に乗って 嘉義市へ走りました。

 

ホテルに16時半頃に着いた。
ホテルは、市内の中心から少し離れた所にあり、

f:id:kanjuku107:20190815165938j:plain

1.2階は百貨店に
地下には、食堂街がありました。 その食堂街で夕食を取りました。

 

そして、部屋へ戻ってきて  恒例の マンゴー三昧を しました。

f:id:kanjuku107:20190815170041j:plain

 

毎日、トランクに入れて持ち歩いているので、いい感じに追熟が!

f:id:kanjuku107:20190815170113j:plain

もう、最高だね!!

いよいよ、明日は この小ツァーも終わり台北へ戻ります。

 


このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。
その度に、改訂番号が変わります。


じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントも 適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。


このブログには、サブブログがあります。
それは、近くの神社でのかたくり祭の実行委員長をしている関係で
「 八王子山のかたくり 」 と言う名前になります。
https://kt2343jp.hatenablog.com/
お暇な時に 覗いて見て下さいね!

 

 

お盆前の緊急募集!

  

 

毎日、暑い日が続いて 何もやる元気がない!
お陰で、「結婚40周年台湾記念旅行」の編集も遅れている。


庭の片隅に面白い樹がある。面白くしたのは、私だけど!

それは、何年か前に
信州大実と言う杏の木を植えて、数年経った頃に

右の小枝に ハーコット杏を接ぎ木をした。
左の枝に バンバーグプルーンを接ぎ木した。

で、初夏に ハーコットは、たわわに実を付けて
頒布された。

f:id:kanjuku107:20190812115244j:plain 

また、信州大実の実も頒布された。

 

そして、左の枝に接ぎ木した プルーンが 
やっと、いい感じになっている。

f:id:kanjuku107:20190812115455j:plain

f:id:kanjuku107:20190812115527j:plain

過去に、プルーンを頒布した時に
買い求めた方は、ご存じの様に バンバーグプルーン
結構、大きなプルーンで 果汁もあり 美味です。

f:id:kanjuku107:20190812115614j:plain

収穫をして見ないと量は、判らないが
大体、2kg前後と見ているが?

 

妻に、欲しいか? と聞いたら 「要らない」と
そんな訳で この文章を読んで プルーンの欲しい方
お分けしたいと思っています。

f:id:kanjuku107:20190812115804j:plain

いつもの様に 〒 住所 連絡先を
書いて、申し込んで下さい。 1名限り  終了しました。


価格は、採ってみてから検討するが 杏と同じくらいで
あまり、暑いのでクール便(ヤマト)を使います。
到着指定時間もあれば、示して欲しい なき場合は、午前中で

明日、採って 発送をします。

 


このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。
その度に、改訂番号が変わります。


じゃあ、またネ!

「 結婚40周年台湾記念旅行 」4日目 改訂1

7/30(火)
台北ホテル → 埔里 → 日月潭観光 →日月潭のホテル

 

日月潭(にちげつたん)と言い、台湾の中部の緑深い山間に位置する
景勝地の湖です。 湖は、満水時で海抜が748mもあります。
この湖は、紫かかった独特の色合いで知られている。
まぁ、避暑地の様な感じです。

f:id:kanjuku107:20190809150147j:plain

一般の観光客は、台鉄の台中から観光バスに乗って訪れるが
山の中なので、日帰りは難しい。

やはり、一番多い観光客は、台北の旅行社が短期旅行を
企画しての参加が多いです。


私たちは、台湾の旅行社が企画した
「 日月潭と阿里山観光ツアー 2泊3日 日本語ガイド 」

これを ベルトラと言う海外の旅行企画を扱う会社に
https://www.veltra.com/jp/

4/28に、日本で申し込みました。
ちなみに、参加費 1人12.500NT ¥で45.000円と

ちょっと高いが、それなりに いいですよ!

 

この台湾の旅行社企画旅行は、私は時々使っていますし
今回のコースも2014、2016年にも行きました。

 

このコースは、毎週の火曜日スタートで実施されていて
その時の申し込んだお客さんに合わせての車を手配しています。
前回は、バスで日本人や東南アジア、アメリカと多国籍でした。

 

久々に、台湾に来て いいホテルに泊まり
いつもの様に、時差1時間遅れの6時に目を覚まして
7時からの朝食バイキングに備えた。

そして、これが その朝食です。

メガサラダに

f:id:kanjuku107:20190809150459j:plain

和洋折衷のおかず

f:id:kanjuku107:20190809150520j:plain

それに、パン ホテルパンって、ホテルで焼いている。

f:id:kanjuku107:20190809150540j:plain

ジュースにアメリカンコーヒーを


早々に、部屋へ戻り チェックアウトに備えて
トランクのパッキングを行っていた。

 

頭の中では、ツアーの旅行社が8時半頃に迎えに来る
つもりでした。

所が、部屋の電話が7時30分頃に鳴りました。
「 誰が、電話を? 」と思いつつ 受話器を取ると
フロントから、旅行社のお迎えが! と

 

えっ! 早いな と思い 
ツアーの受注メール文を見たら、ピックアップ時間が 07:40
時間を間違えていたのです。

 

ほかのお客さんが待っていると思い 慌てて

もう、準備は出来ていたので 早々にフロントへ向かった。

 

旅行社のガイドが待っていた。
そして、こんな事を言った 「 ツアー客は、あなた方だけです。」
だから、慌てないで下さい! と

 

えっ! いつもなら、大型バスに 私のホテルより前に乗せた
ツアー客が待っているハズなのに。。。

これには、私も ビックリしました。

 

バスではなく ワゴン車1台に運転手+ガイド
つまり、私たちを含めて 4人で行く観光になります。

f:id:kanjuku107:20190809151205j:plain

運転手さんとガイドさんに悪い様な気がしますね。
それに、旅行社も赤字かも?!

ガイドの方は、54才で(と書いてバクさんと言う)日本語が達者でした。

f:id:kanjuku107:20190809151248j:plain

8時頃に 台北のホテルを出発して一路、南へ


高速道路3号線で台湾海峡側を120km前後で走り

途中、数カ所でトイレタイムを

台中を過ぎて、霧峰ICから水沙連高速道路へ

f:id:kanjuku107:20190809151142j:plain
段々と、山の方へ走って行きました。

 

丁度、お昼頃に 埔里(ほり)と言う町で昼飯に
この町は、台湾の紹興酒を作っていた所です。
その頃は、台湾公社でしたが、現在では民間となっている。

f:id:kanjuku107:20190809151742j:plain

そんな工場の中に、ドライブインがありまして

ビーフン と

f:id:kanjuku107:20190809151443j:plain

空心菜の炒め、

f:id:kanjuku107:20190809151545j:plain

 

マコモダケ炒めを

f:id:kanjuku107:20190809151619j:plain

 

妻が、タピオカジュースも飲みたい と言う事で

f:id:kanjuku107:20190809151658j:plain
頼みました。

まぁ、好んで飲む様な物ではありませんでしたね。

 


13時半頃に 景勝地の湖、日月潭に到着しました。
この湖は、日本が統治時代に水力発電事業の一環で、元々あった
湖に堤防を作り、水量が増えて湖も4倍になった。昭和10年に完成
なので、原住民の村落も湖の底に、

中程にある、拉魯(ラルー)島を境にして、東側が円形型なので「日」潭
西側が三日月型なので「月」潭と呼ばれて 併せて日月潭と呼ぶ
現在では、日月潭国家風景区に指定されている。

 

湖を左周りで走り、文武廟

ここは、孔子を祀ってあり 石の彫刻が凄いです。
8mもある獅子が対で鎮座している。

f:id:kanjuku107:20190809151846j:plain

屋根の瓦も素晴らしい!

f:id:kanjuku107:20190809151940j:plain

 

これも、石の彫刻で 色を塗ってある。

f:id:kanjuku107:20190809152005j:plain

お金の掛け方がケタ違いです。


ここからの日月潭の景色も最高ですね。

f:id:kanjuku107:20190809152102j:plain



そして、唯一 現地 サオ族が暮らす集落へ

f:id:kanjuku107:20190809152137j:plain

観光客相手のお土産物が多いです。

通りには、こんな日月潭で採れた魚の天ぷらを売っていました。

f:id:kanjuku107:20190809152215j:plain

f:id:kanjuku107:20190809152245j:plain

お茶スタンドや

f:id:kanjuku107:20190809152339j:plain

料理店もありました。

f:id:kanjuku107:20190809152358j:plain

 

次に、三蔵法師の遺骨を祀っている玄奘寺

 

 

正面の中央下に蒋介石の別荘を改築した
高級レイクリゾートホテル ラルー が見えました。

f:id:kanjuku107:20190809152516j:plain



これが 唯一の島 拉魯(ラルー)島

f:id:kanjuku107:20190809152544j:plain

 

そして、これが今晩泊まる 雲品温泉酒店 です。

f:id:kanjuku107:20190809152609j:plain


 
そして、車から降りて 石畳の階段を15分ばかり登ると

f:id:kanjuku107:20190809152651j:plain

登りがキツいです。

初代中華民国総統、蒋介石が母親への感謝を表すために建立した
慈恩塔へ 

f:id:kanjuku107:20190809152822j:plain

2016年では、らせん階段を上って上へ行きましたが 

今日は、暑いし疲れていたので止めました。
 

 

16時半頃に 宿泊先に行きました。

f:id:kanjuku107:20190809153015j:plain

このホテルは、日月潭では、唯一地下から温泉を引いて
各部屋でお風呂に入れます。

このホテル、一般に泊まると1泊¥3万円以上もする所です。

湖側は高く(景色がいい)、山側は2000NT程安いです。


もちろん、我々は山側でしたが、部屋の設備やアメニティーは
一緒ですので、大変にお得でした。

 

夕食のバイキングの一例です。(私の)

茹イカ、ムール貝、ホタテ貝、エビ、魚のフライ

f:id:kanjuku107:20190809153120j:plain

ステーキ

f:id:kanjuku107:20190809153143j:plain

野菜系

f:id:kanjuku107:20190809153214j:plain

刺身とお寿司

f:id:kanjuku107:20190809153246j:plain

フルーツ

f:id:kanjuku107:20190809153304j:plain

料理人が目の前で作ってくれるし、暖かい物もあり
またまた、沢山食べましたね。(太る訳です!)

 

 こんな可愛いデザートケーキが

f:id:kanjuku107:20190816095258j:plain

 

 

そして、部屋へ戻り 温泉に浸かり
またまた、玉井から買って来たマンゴーを2個食べました。

f:id:kanjuku107:20190809153339j:plain
( 毎晩2個のノルマ! )

 

私は、このホテル 今回で3度目の宿泊になります。
妻は、大変に喜んでいましたが 本当は、2016年の時の様に
このホテルの最上階での朝食を期待していたが、満員とかで
予約は出来ませんでした。 次回にします。

 

このコースを2014年に行った時のブログ
http://kanjuku107.hatenablog.com/entry/20140930

2016年に行った時のブログ
http://kanjuku107.hatenablog.com/entry/20160811

を参照して見て下さい。

 


そして、静かな森に囲まれて ぐっすりと寝ました。

 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。
その度に、改訂番号が変わります。


じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントも 適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。


このブログには、サブブログがあります。
それは、近くの神社でのかたくり祭の実行委員長をしている関係で
「 八王子山のかたくり 」 と言う名前になります。
https://kt2343jp.hatenablog.com/
お暇な時に 覗いて見て下さいね!

「 結婚40周年台湾記念旅行 」3日目

それにしても、暑い日々が続きますね。日本は!
今日も、青空です。日差しのある部屋は、32℃+も
このエアコン部屋は、28℃に設定している。
下げすぎると、違う部屋へ行った時に体が追いつかないので

猛暑のお見舞い申し上げます。

 


7/29(月)
台南ホテル→台北→九份観光→台北のホテル

 

昨日は、マンゴーの聖地 玉井へ行って歩いたので疲れました。
今日は、午後の新幹線なので 午前中はゆっくり行動です。
お昼頃の新幹線で台北へ戻り、景勝地の九份へ行きます。


いつもの様に 6時に起床した。
しかし、いつもと違っていた。 喉が痛いのだ!
そして、咳もあった。 

 

妻に、聞いたら 昨晩は、イビキをしていた とか
そう、昨晩は 夕食に 一杯飲んだ それで イビキか! 

 
しかし、私の場合 

イビキの時に鼻呼吸でなく 口呼吸をしていたらしい


冷房(切っていたと思う)の風が喉に!
どうも、そんな感じである。
( 良く、扇風機を掛けて昼寝をすると風邪を引く とか? )

どうも、喉風邪を引いたらしい。
熱はなかった。

 

持って行った、龍角散を舐めてみたら、症状は楽になった。
でも、これが この症状が旅行の間、続いた。
( 今でも、痰が絡む 喘息気味 医者へ行っている )

まあ、熱がないし 他はいつもと同じだった。

 

起きて、着替えてからトランクのパッキングをしました。
一番の問題は、買い込んだマンゴーを箱で持つのか? 
それとも、トランクの中に収納するのか! 

 

一端、トランクの中身を出しては入るスペースの確保を
するべき検討を始めた。

結局、トランクに収容しての移動をする事にしました。


2つのマンゴーを1袋のビニール袋に入れて、

f:id:kanjuku107:20190808161745j:plain

これを4袋を作り、トランクの溝に並べる事にしました。
(つぶれない様に)

 

 

8時頃に 朝食を取りにレストランへ向かいました。
流石に、南のホテルなのでか 日本人は居ませんでした。

 

ここの朝食も バイキング形式で 色々なものがありました。

f:id:kanjuku107:20190808161914j:plain



私は、いつもの様に パン食系です。

f:id:kanjuku107:20190808161848j:plain

左下のパン チーズが練り込まれていて 美味でしたね。

 

サラダも この細いゴマ?の芽が 旨いです。好きです。

f:id:kanjuku107:20190808161938j:plain

 

右下の白いパイン 普通のパイン色と違っていたが

f:id:kanjuku107:20190808162012j:plain

あの一般の黄色のパインよりサッパリした甘さでした。

f:id:kanjuku107:20190808162053j:plain

もっと、酸っぱいかと 思っていた。

 

 

10時頃にホテルをチェックアウトしました。
部屋代は、2.772元(¥9.980円)でした。
流石に、地方のホテルは安いですね!

 

ホテルから一歩出ると 灼熱の太陽が注ぎます。

f:id:kanjuku107:20190808162130j:plain

来たときの逆で 台鉄の台南駅からローカル線で
高鉄台南駅に少し早めに行きました。

 

高鉄台南駅で1Fにある切符売り場で
この予約表を見せて、1時間前の 11:13に乗り換える旨を

f:id:kanjuku107:20190808162159j:plain

その予定表に「 11:13変更? 」書いて示したら
意味が通じて、列車を変更してくれました。

台湾って、漢字で書けば 大体通じます。

 

 

新幹線ホームへ
11:10に その列車が入って来ました。

f:id:kanjuku107:20190808162253j:plain

この列車は、各駅停車なので1時間50分程で台北に

f:id:kanjuku107:20190808162325j:plain



今晩泊まるホテルは、27日に泊まったホテルの斜め前にある
台北凱撒大飯店 Caesar Park Taipeiシザーパークホテルです。
台北駅から地下道一本で行ける、最高の立地でして!

f:id:kanjuku107:20190808162523j:plain

少し、早かったがフロントへ行って、予約表を渡したら
日本語が出来るスタッフがチェックイン処理をしてくれました。

 

そして、こんな素敵なお部屋を用意してくれました。

f:id:kanjuku107:20190808162553j:plain

f:id:kanjuku107:20190808162607j:plain

スペーリアツインルームを 

バス、トイレは別部屋に

f:id:kanjuku107:20190808162708j:plain

f:id:kanjuku107:20190808162727j:plain
 

しかも、台北駅の真っ正面で 最高でしたね。

f:id:kanjuku107:20190808162750j:plain

夜になると こんな感じに

f:id:kanjuku107:20190808162931j:plain



で、防音処理されており道路に面しているが静かだった。

f:id:kanjuku107:20190808162813j:plain

( 料金は、高かったが! 40周年記念なので 気分は最高だね! )

 

少し、休んで 景勝地の九份へ出かける準備をした。

 

『 千と千尋の神隠し 』の舞台となったと言われている
古い街並みが美しい台湾旅行定番の「九份」。
赤い提灯がノスタルジックな夜の時間帯に訪れます。

 

九份ツアーも、事前に日本で行い代金も支払っていた。
ツアー催行会社は、JTB台湾でした。

 

所が、このツアー 
私たちが泊まるホテルまで迎えに来てくれない。
集合場所が、シェラトングランドホテルのロビーに
16:35なのです。 このホテルまで歩いて15分程かな? 
この暑い中を歩くのが大変なので 地下へ潜り
台北駅からMRTに乗って、一駅の善導寺の2番出口へ
で向かいました。

 

ロビーで待っていると、それに参加する日本人が集まり始めました。
結局、4組の15名ほどに 案内をする現地のガイドが来た。

 

そして、バスに乗り込んだ。
ここからスタートなので、気に入った座席を確保した。

 

バスは、この後 市内の2カ所のホテルを回り参加者を
乗せて、18時過ぎに九份へ走りました。

 

こんなパンフレットをもらいました。

f:id:kanjuku107:20190808163153j:plain

高速に入り、トンネルを抜けて

f:id:kanjuku107:20190808163225j:plain

f:id:kanjuku107:20190808163246j:plain

基隆近くの町から

f:id:kanjuku107:20190808163348j:plain

山手のカーブの多い山道を走り

f:id:kanjuku107:20190808163447j:plain

九份を目指しました。

この山にへばりついている町並みが九份です。

f:id:kanjuku107:20190808163513j:plain

この先にあるバスの駐車場で降りて、ガイドと向かいます。

f:id:kanjuku107:20190808163537j:plain

 

今日は、月曜日だったので駐車場にバスが数台でしたが

f:id:kanjuku107:20190808163655j:plain


土日ですと、バスが入れないほど停まり、戻る頃は真っ暗になり
自分のバスが判らなくなります。

 

一応、私はバスの写真を撮って於いたが。

f:id:kanjuku107:20190808163609j:plain

f:id:kanjuku107:20190808163621j:plain

混雑が予想される時は、絶対に撮るべきですよ!
以前、行った時は バスが何十台もあり迷いましたね。

 

ガイドと共に19時頃から豎崎路の石畳階段を登り始めた。
未だ、明るかったです。

f:id:kanjuku107:20190808163832j:plain

月曜日でも 混雑しています。 妻とはぐれない様に

来るときにバスの中でガイドさんが「 阿妹茶楼 」での
お茶を楽しみたい方を募集したので頼んだおいた

f:id:kanjuku107:20190808164017j:plain



そして、その茶棱に着いた。

f:id:kanjuku107:20190808163934j:plain


ここは、予約がないと直ぐには入れません。
ない人たちが、結構並んでいました。

 

もちろん、中も混雑していましたね。

f:id:kanjuku107:20190808164131j:plain

こんな感じの お菓子とお茶を (菓子は2人分)
頂きました。

f:id:kanjuku107:20190808164046j:plain

 

この頃に 夕日が見られました。

f:id:kanjuku107:20190808164231j:plain

f:id:kanjuku107:20190808164518j:plain

いよいよ、夕暮れになり 混雑も半端ではなくなりました。

f:id:kanjuku107:20190808164335j:plain

f:id:kanjuku107:20190808164359j:plain

f:id:kanjuku107:20190808164422j:plain

f:id:kanjuku107:20190808164601j:plain

 

そう言えば、海の向こうに見えるあの島の上空を台北空港が豪雨の時に(7/27)

f:id:kanjuku107:20190808164717j:plain

周回飛行した時に見えた島です。 つまり、この上空を飛んだのてす。

 

20時半頃に バスへ集まり台北へ戻りました。
シェラトンホテルからタクシーで

流石に、疲れましたね。 シャワーを浴びて
22時半から 恒例のマンゴー三昧を 

f:id:kanjuku107:20190808164812j:plain

オマケに新光三越の地下から買って来た台湾バナナを 

日本で食べる台湾バナナと違う! 素晴らしい甘さ でしたね。

f:id:kanjuku107:20190808165009j:plain

 


明日も早いので 眠りに就きました。
相変わらず、喉が痛い!

 


このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。
その度に、改訂番号が変わります。


じゃあ、またネ!


ブログを読んで頂きまして有り難うございます。
コメントも 適当な名前で お書き下さい。
お待ちしています。


このブログには、サブブログがあります。
それは、近くの神社でのかたくり祭の実行委員長をしている関係で
「 八王子山のかたくり 」 と言う名前になります。
https://kt2343jp.hatenablog.com/
お暇な時に 覗いて見て下さいね!