2020 最後の収穫 キウィ (頒布募集も)改訂4

この所、寒さが緩んでいる。

 朝の気温 6℃と温かい  日中も、20℃越えになっている。

f:id:kanjuku107:20201118141232j:plain


 

我が家には、色々と果物があるが 

その中で一番最後に収穫するのは キウィ です。 

 

毎年、今頃に 収穫をしている。

2019年 11月21日

2018年 11月16日

2017年 11月20日

2016年 11月23日

 

いつも、霜が降りる(-5℃前後)とキウィの葉が落葉します。

この時に収穫をします。

 

葉っぱが落ちても 樹上に置いて於くと キウィは、凍ってしまいます。

それが、溶けると腐ります。(食べられない)

 

キウィを採るには、少し早いと思っていたが

朝、キウィの棚を見たら 上部の葉が落ちているではないか!

f:id:kanjuku107:20201118135709j:plain

f:id:kanjuku107:20201118135759j:plain

このままだと、上部になっているキウィが 次の霜で やられるので

9時過ぎから 収穫を始めました。

 

 

キウィは、ご存じの様に オス木とメス木があり 必ず、2本植えないと

実は 成りません。

 

これが、オス花

f:id:kanjuku107:20201118135821j:plain


 

そして、これが メス花です。

f:id:kanjuku107:20201118135846j:plain

中心に白いヒゲが
 

 

通常、花の開花頃になると どこからか蜂がやって来る。

当家の場合は、ほとんどが クマンバチです。 

 

ブーンと 羽の音が 怖いです が

彼らは、余程構わない限り 人を襲いません。

 

一生懸命に 花の蜜を  この時に、オス花の花粉を メス花に

毎年、頑張って もらっています。

 

また、手の届く場所で咲くと オス花を手で切って メス花に こすってやります。

そう、人工授粉をするのです。 確実に、成功します。

 

花が咲いて、受粉が成功すると 2~3週間で メス花に 小実が

f:id:kanjuku107:20201118140003j:plain

 

これが、段々と大きくなります。

 

f:id:kanjuku107:20201118140030j:plain



この時期に、摘果を行いますが 

f:id:kanjuku107:20201118140122j:plain

手の届くところは 出来ますが

キウィの棚って この頃は、ジャングル状態で 棚の上部には手が届きません。

f:id:kanjuku107:20201118140201j:plain


なので、もう 自然状態 です。

 

その結果 今頃に 収穫すると 小さい実が沢山あります。

f:id:kanjuku107:20201118140232j:plain

たぶん、農家は規格外品なので 捨てているかも?!

f:id:kanjuku107:20201118140252j:plain


 

でも、素人的に見れば 小さくてもキウィですので もったいない!

なので、これも追熟させて 包丁で半割りして スプーンで食べています。

 

お子さんの おやつには最高でしょうね。

キウィも 買えば、¥100円はする! 

 

そんな 小粒のキウィを 

枝成り完熟のリピータ様へ頒布をします。

 

21日現在、まだ若干名の余裕あり お早めに ご依頼を お願いします。

22日の18時で締め切ります。 

残りは、ヤフーオークションに出品します。

 

ペットボトル1箱 約8㎏+特別価格+送料 となります。

f:id:kanjuku107:20201118140419j:plain

f:id:kanjuku107:20201118140508j:plain

お一人 1箱のみ  

いつもの様に 〒 住所 連絡先 を明記して 申し込みを

支払いは、現品が到着してから 

 

参考送料 関東 ¥880円 関西 ¥990円 北海道 ¥1.320円

その他 お問い合わせ

 

ご存じの様に キウィは、収穫して直ぐには食べられません。

追熟が必要となります。 

 

今回、お送りするキウィは、収穫時に落ちたキズの着いたキウィを

数個ティッシュで包み ビニール袋に入れてあります。

この状態で 温かいお部屋に保管して、キウィを押して 柔らかさが

ありましたら 食べられます。(全て箱から出して冷蔵庫へ)

 

 

最初に ご依頼を頂いた方(20日発送、21着)からの コメント

小ぶりですがたくさん入っています、やわらかになるのが楽しみです、

お安く分けて頂いて申し訳ありません、代金は八十二銀行に振込ました。

ありがとうございました。

今年の冬はキウィで毎日楽しめます、コロナが大変ですね、

お体お大事にしてください。 

 

21日発送 22日 着の方からの コメント

こんにちは、本日キウイを受け取りました。

たくさんのキウイ、とても嬉しいです!

貴重なキウイを、大変お安く譲って頂きありがとうございます。

近所では国産のものを買えることがないので大変有り難く大切に頂きます。

市販のものは追熟剤で追熟させているとは知らなかったです。

書いて頂いていた通り、楽しみに追熟させたいと思います。

本当にありがとうございました!

 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。

2020 紅葉を求めて ⑥ 武石峠 と 美ヶ原林道へ 改訂1

知る人ぞ知る マイナーな 武石峠を越えて松本へ行った。

 

2018.11.4に ここを訪れている。

あの時の紅葉が、目に焼き付き記憶していたので再び、行ってみた。

f:id:kanjuku107:20201030130025j:plain


 

自宅からは、上田市塩田地区から平井寺トンネルを抜けて

254号へ そして、約1km丸子側へ戻り 小屋坂トンネルを抜けて

武石(たけし)へ 武石沖の信号を右に折れて山裾を走る。

( 美ヶ原公園沖線 62号線 )

 

https://maps.gsi.go.jp/#15/36.255376/138.075339/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

 

 

この道を ぐんぐんと上がって行く

f:id:kanjuku107:20201030130122j:plain

 

途中、巣栗渓谷の看板が

f:id:kanjuku107:20201030130200j:plain

この位置から、左の山を上り走ると美ヶ原へ行けます。

( 美ヶ原公園西内線 464号線 )

 

こちらは、更に直行して行きます。

f:id:kanjuku107:20201030130255j:plain

あの奥の山を越えます。
 

途中に、その昔にあった 番所ヶ原スキー場の跡があった

 

 この辺りから 紅葉は、始まっていました。

f:id:kanjuku107:20201030130408j:plain

 

段々と、山が近くなる。

f:id:kanjuku107:20201030130427j:plain


 

また、沿道の紅葉も 凄くなる。

f:id:kanjuku107:20201030130507j:plain

 

f:id:kanjuku107:20201030130522j:plain


 この道路 こんな感じですが 昨年の台風での被害なのか? 所どころで

工事が行われて 信号通行の箇所が 多々ありました。

 

f:id:kanjuku107:20201030130554j:plain

 

それにしても いい感じの紅葉ですね。

f:id:kanjuku107:20201030130630j:plain

f:id:kanjuku107:20201030130644j:plain



 結構、上って来た。 車を止めて 写真を

f:id:kanjuku107:20201030130750j:plain

f:id:kanjuku107:20201030130818j:plain



ようやく、約1340m辺り(尾根付近)に来ると 

松本側から 霧が立ちこめて来た。 幻想的な感じ!

 

f:id:kanjuku107:20201030130859j:plain

 

この辺りの木々に 珍しいコケ?の様な 植物が見えた。

f:id:kanjuku107:20201030130930j:plain

f:id:kanjuku107:20201030131021j:plain

樹上地衣類のナガサルオガセUsnea longissima 

( 筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所に問い合わせました )

空中湿度が高く、空気が清浄なところにしか生育できないため大気汚染で

激減していますが、美ヶ原は生育が良好な産地の一つです  とのことでした。

 

ja.wikipedia.org

 

 

三叉路に来た

f:id:kanjuku107:20201030131113j:plain


ここから更に進めば 美ヶ原の王ヶ鼻や王ヶ頭(百名山)へ行けるが

f:id:kanjuku107:20201030131138j:plain


 私達は、ここから 右へ下る(浅間温泉側)事にする。

f:id:kanjuku107:20201030131228j:plain

( 実は、こちら側の沿道に植えてある モミジの紅葉が素晴らしい )

 

 下って行くと ジュラシックパークの様な シダも

 

f:id:kanjuku107:20201030131317j:plain

 

この辺りは、レンゲツツジの群生地とか

f:id:kanjuku107:20201030131341j:plain


 

いよいよ、モミジが 見えて来た。

f:id:kanjuku107:20201030131436j:plain

f:id:kanjuku107:20201030131453j:plain



 モミジって 光の当たり具合なのか? 全面、黄色の物もあるし

f:id:kanjuku107:20201030131605j:plain


 

日陰の方が 黄色なのか? な!

f:id:kanjuku107:20201030131634j:plain


 

白樺林もあった

f:id:kanjuku107:20201030131713j:plain


 

 中々、傾斜もあるし カーブも多いので 停止しての撮影は難しい

 

f:id:kanjuku107:20201030131809j:plain

 

いよいよ、下界が近くなって来た。

f:id:kanjuku107:20201030131837j:plain


 

 松本の奥座敷 浅間温泉を通って

f:id:kanjuku107:20201030131906j:plain


 

松本市内は、イマイチ道が判らないので まずは、松本駅方面を目指す。

 

折角、ここまで来たので 松本近くの蕎麦処へ 向かう事にした。

そう、この近く と言っても 少し離れている が

 

隣の山形村へ ここに、唐沢地区があります。

f:id:kanjuku107:20201030132016j:plain

ここは、多くの蕎麦屋が点在しております。

 

また、この山形村は 山芋(トロロ芋)の産地で、通称「やまっち蕎麦」が

有名である。 

お皿に、蕎麦が盛り上げてあり、蕎麦の上に細く切ったトロロが

 

いつも行く そば幸 と言う お店へ 行った。

12時半頃だったが 車がない。 でも、のれんがある

f:id:kanjuku107:20201030132119j:plain

玄関へ行ったら、 ななな なんと 定休日 だった。

 

オイオイ、勘弁だぜ! 来る途中 頭で描いていた やまっち蕎麦が。。。

 

 

結局、新しい蕎麦屋を 探すことにした。

 

その昔は、ここにあった「ももせや」へ何回も通ったが

当主が亡くなってから 廃業してしまった。 残念である。

  

 

少し、山手へ上って行ったら

この唐沢地区の老舗 水舎の姉妹店 つつみ庵の看板があったので

ここにした。

f:id:kanjuku107:20201030132313j:plain

f:id:kanjuku107:20201030132325j:plain



新しいお蕎麦やで内装もきれいでした。

f:id:kanjuku107:20201030132350j:plain


こんな座敷で 頂きました。

f:id:kanjuku107:20201030132421j:plain


 

新しいので 若向きなのか 色々なお蕎麦がありましたが

f:id:kanjuku107:20201030132444j:plain

 


私達は、ポピュラーな 

f:id:kanjuku107:20201030132533j:plain

 

粗挽き蕎麦 と 

f:id:kanjuku107:20201030132553j:plain


 

 

八割蕎麦にした。

f:id:kanjuku107:20201030132612j:plain


 

待つこと 数分で 俺の頼んだ粗挽きが来た。

f:id:kanjuku107:20201030132646j:plain

 

f:id:kanjuku107:20201030132714j:plain


 

 そして、相棒の頼んだ八割蕎麦も 来た。 

f:id:kanjuku107:20201030132747j:plain

f:id:kanjuku107:20201030132814j:plain


 新そばなので 結構、いい感じのお蕎麦でした。 タレも

 

 

それに、並を頼んだのに 結構、大盛りに近い量でした。

これ、大盛りを頼んだら 食べられるか心配だね!

 

メニューを見たら 並 200g 大 300gと なるほど!

f:id:kanjuku107:20201030133332j:plain

f:id:kanjuku107:20201030133351j:plain



 

 お腹は満足した。 帰り、蕎麦屋から数分の所に産直があるので寄った。

「 恋人の丘 サラダマーケット 」で

 

欲しかった。 和梨と 群馬名月と言うリンゴを買った。

 

そして、左側の山沿いのサラダ街道を走って、安曇野へ

中央道で舞い戻って来ました。

 

 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。

 

2020 紅葉を求めて ⑤ 戸隠と大望峠、白沢峠、大出公園へ

昨日、天気の様子を見計らって戸隠経由で白馬へ紅葉を見に行った。

そう、この時期 戸隠と言えば 鏡池(かがみいけ)の紅葉です。

 

戸隠へは、いつも 市内を抜けて ループ橋のオリンピック道路で行くが

たまには、違う道で行こうと思い 長野県庁脇を通って信州大学教育学部の

前を右に 直ぐに信号を左に曲がり上る 長野西高校前の信号を左に行く 

往生寺地区を走り通称、七曲がり と言う 急カーブの急坂を何回も上る。

( 距離はないが、高度差は激しい道路 )

上りきると、その昔にあった 戸隠バードライン(旧戸隠有料道路)へ通じる。

https://maps.gsi.go.jp/#12/36.722980/138.085030/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

 

そして、左に大座法師池(だいざほうしいけ)が ここを通過して走ると

左に名門の長野カントリーゴルフ場が その反対に飯縄山への登山口がある。

f:id:kanjuku107:20201028215500j:plain


 これを更に走ると 知る人は知っている 隠れた展望台があり寄る。

戸隠連山が一望出来る場所で その昔は、展望苑と言う建物があったが

もう、取り壊されていた。

ここから見る景色 ( 手前は、蕎麦畑 もう、刈り入れ終了 ) 

 

f:id:kanjuku107:20201028215335j:plain

 

そして、戸隠神社 宝光社(ほうこうしゃ)が見える通りに来る

 

その手前を 左に鏡池へ通じる細い道(普通車、すれ違いムリ!)がある。

入口が 少し判りづらい。 ( 私も、5m程走ってしまい戻った!

 

この道 林の中をひたすら走る 舗装道路です。

休日は、一方通行(こちらから)になる。

 

林が開けて 正面に戸隠山が見え始める。

f:id:kanjuku107:20201028215629j:plain

鏡池の手前に 10台程 止められる駐車場があるが

この時期、当然に 満車!! 運が良ければ止められるが 難しい

f:id:kanjuku107:20201028215949j:plain


 

その手前 右側に いい駐車場がある。 約30台は止められるかも?!

f:id:kanjuku107:20201028220042j:plain

f:id:kanjuku107:20201028220056j:plain

この駐車場から 徒歩で3分以内に 鏡池に 行かれる。

f:id:kanjuku107:20201028215748j:plain

 

そして、これが 鏡池である。

f:id:kanjuku107:20201028220243j:plain



 

そして、多くの人達が スマホ、カメラで 撮っている。

f:id:kanjuku107:20201028220202j:plain

また、写生をしているグループも いた。

 

少し、上空に 雲がいて ちょっと、戸隠連山が暗く見える。

f:id:kanjuku107:20201028220345j:plain

f:id:kanjuku107:20201028220410j:plain



 11時半過ぎた。 少し早いが昼食にする事に

 

いつもなら、この道を抜けて 戸隠牧場の入口にある 

私のご用達の蕎麦屋 白樺食堂へ 直行と行きたいが 本日(火)は定休日

なので 来た道を戻り 鬼無里(きなさ)へ行かれる3差路にある

よつかど 」と 言う 蕎麦屋へ

 

私は、10割蕎麦 と 蕎麦ダンゴを 注文した。

f:id:kanjuku107:20201028221053j:plain    f:id:kanjuku107:20201028220601j:plain


連れは、ざる蕎麦 と 天然きのこのおろし和え を頼んだ。

f:id:kanjuku107:20201028221211j:plain     f:id:kanjuku107:20201028220749j:plain


店に入った時は、未だ座席があったが お昼時間近くなると席も埋まり

順番待ちになる 人気店なのです。

 

約10分で 待ちに待った 蕎麦が来た。

 

食い気が早いので 食べ始めてから あっ 写真を撮るのを忘れた! と

思い出し 撮った。

 

これが、10割蕎麦  

f:id:kanjuku107:20201028221329j:plain

f:id:kanjuku107:20201028221355j:plain

新そばなのか?少し、薄緑色でした。 

最初一口は、塩をふりかけて 頂く 当然に 美味いね!

 

 

これが 蕎麦ダンゴ  柔らかくて美味い。

f:id:kanjuku107:20201028221434j:plain


そして、ざる蕎麦 と

f:id:kanjuku107:20201028221504j:plain


天然きのこのおろし和え 

f:id:kanjuku107:20201028221702j:plain


 

蕎麦が届いてから ものの7分で こんな感じに

f:id:kanjuku107:20201028221734j:plain


 

そして、車に乗って鬼無里方面へ 走る。

一旦、100m程下って楠川近くまで そして、また、上り始める。 

 

そして、上り上げた峠に コレまた、素晴らしい展望が見られる。大望峠

こんな感じで 車も止められます。

f:id:kanjuku107:20201028221910j:plain

右の山々が 戸隠連峰 西岳方面  

左中央の山が 鬼が一晩で作ったと言われている 一夜山

そして、左奥に 北アルプスが 見えます。

 

 

ここから。鬼無里の村落を抜けると 唯一の信号のある三叉路に

ここを 左へ行くと 長野市街地へ 真っ直ぐ進むと 小川村と白馬へ

もちろん、私達は 白馬を目指しました。

 

少し、走ると また、三叉路が 

f:id:kanjuku107:20201028222150j:plain

右へ行くと あの水芭蕉の景勝地 奥裾花峡

ここを 左の白馬方面へ 車を走らせる。

 

 

そして、結構な山道( もちろん、舗装道路でカーブが多い )を走り

2つ目のトンネルを出ると 目の前に 北アルプスが! 

f:id:kanjuku107:20201028222258j:plain

ここが、白沢峠 車は、3~4台止められるスペースあり

f:id:kanjuku107:20201028222524j:plain

こんな雄大な五竜、唐松、白馬連峰の景色も

 

八方尾根の上部は、雪が

f:id:kanjuku107:20201028223039j:plain


 

白馬三山 ( 左から 白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳

f:id:kanjuku107:20201028223131j:plain


 

この峠を下って 白馬へ向かうが 素晴らしい紅葉も見られる。

f:id:kanjuku107:20201028222610j:plain


 

 

 更に下ると 大出公園が ここも、景勝地で 駐車場は、混んでいます。

f:id:kanjuku107:20201028223444j:plain


 

ここから、眺める景色は 時々、カレンダーにも使われます。

f:id:kanjuku107:20201028223306j:plain

f:id:kanjuku107:20201028223342j:plain



 更に、走ると JR大糸線の踏切を渡る。 正面に白馬連峰が 

f:id:kanjuku107:20201028223418j:plain

そして、148号線に出る。

 ここを左に折れて いつものオリンピック道路で 舞い戻って来ました。

 

 

 

 このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。

 

2020 紅葉を求めて ④ 大カエデを見に行く

最初に、ここへ見に行ったのは 2009年の10月22日だった。

http://kanjuku107.hatenablog.com/entry/20091022

 

あれから。2012、2013、2014年 と行っていたが それ以来かも

 

丁度、今頃になると そろそろ と思うが 中々、行く機会がない。

 

昨日は、好天気だったので 久々に行ってみた。

 

 

この大カエデは、安曇野市から北東へ 約10㎞行った里山の中にあります。

 

流石に、町で応援をしているのか? 駐車場に係員も いて 案内を

f:id:kanjuku107:20201022142809j:plain

また、看板等も整備されています。

 

 

駐車場から 大カエデまでの両側には、地元のお土産、観光紹介や、

軽食などの お店もあります。

f:id:kanjuku107:20201022142835j:plain


そのカエデは、 この様に 道路下にあります。

f:id:kanjuku107:20201022143003j:plain


 360度 周りは、草を刈ってあり どの位置からも 見られます。

f:id:kanjuku107:20201022143119j:plain

 

また、ここから 我が町の方 東側の山々が見えます。

f:id:kanjuku107:20201022143203j:plain

 

( 聖山、菅平(根子岳、四阿山)、冠着山、八頭山、大林山 )

f:id:kanjuku107:20201022143313j:plain


 

 これが、その大カエデです。

f:id:kanjuku107:20201022143410j:plain

 

f:id:kanjuku107:20201022143441j:plain

f:id:kanjuku107:20201022143617j:plain

太い幹

f:id:kanjuku107:20201022143515j:plain


今年は、行くのが遅かったのか? 一部、葉が少ない様に見えた。

 

丁度、本日の地方紙(信濃毎日新聞)に記載されていた。

f:id:kanjuku107:20201022143915j:plain

 

 

 

その足で、里山道路を使って大町まで走り 

更に、仁科三湖(木崎湖、中綱湖、青木湖)を通って

 

青木湖の岸辺 ( 紅葉は、未だだった )

f:id:kanjuku107:20201022143947j:plain



 

白馬村へ 神城のエスカルプラザから五竜テレキャビンに乗り

f:id:kanjuku107:20201022144416j:plain

f:id:kanjuku107:20201022144434j:plain

1515mのアルプス平駅へ

f:id:kanjuku107:20201022144119j:plain

 

f:id:kanjuku107:20201022144148j:plain

 

その途中で この紅葉

f:id:kanjuku107:20201022144604j:plain

 

到着駅の上に 展望台があるので 行った。

これが、その景色

f:id:kanjuku107:20201022144304j:plain

手前に 八方尾根が 後に 白馬三山(中央)が

 その白馬三山の拡大 

f:id:kanjuku107:20201022144345j:plain

左から 白馬鑓ヶ岳 中が 杓子岳 右が 白馬岳

 

 

そして、北の方を望むと 

f:id:kanjuku107:20201022144703j:plain

左から 雨飾山、焼岳、火打山、妙高山、高妻山、戸隠山、一夜山が

 

 ぼんやりしているが 

高妻山 こちらから見ると台形です。左が乙妻山

f:id:kanjuku107:20201022144811j:plain


 

△が 火打山 です。

f:id:kanjuku107:20201022144902j:plain


 下界の 白馬村が

f:id:kanjuku107:20201022144938j:plain


 それに、美麻方面 オリンピック道路が

f:id:kanjuku107:20201022145027j:plain


 

そして、アルプス平駅横のテラスで 昼飯を食べた。

f:id:kanjuku107:20201022144229j:plain

いつもの様に ガスでお湯を沸かして

用意してきた おむすび 711のきのこ味噌汁を頂いた。

 

 

本来、5月頃に来ると ここから上に 高山植物園があり

種類別に区分けされて、花を咲かせていますが この時期では

もう、枯れ葉状態です が 少し、登ってみた。

 

 

オオヤマリンドウが 咲いていました。

f:id:kanjuku107:20201022145105j:plain

f:id:kanjuku107:20201022145124j:plain



 これが、パノラマ写真です。

白馬三山方面

f:id:kanjuku107:20201022145148j:plain

 

 北信五岳方面 

f:id:kanjuku107:20201022145235j:plain

 

そして、14時半頃に 下界へ下る。

f:id:kanjuku107:20201022145354j:plain

f:id:kanjuku107:20201022145417j:plain



 

いつもの様に オリンピック道路を使って 戻って来ました。

 

 

 

 

このブログは、1日で 何回も追加編集を行います。

その度に、改訂番号が変わります。

 

 

じゃあ、またネ!

 

 

ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

コメントも 適当な名前で お書き下さい。

お待ちしています。

 

 

枝成り完熟専用のアドレスは、

kanjuku107@apost.plala.or.jp です。